あいはら犬猫病院

よくある質問

フィラリア症予防

Q.フィラリア症ってどんな病気?

フィラリア(犬糸状虫)は、ワンちゃんの肺動脈や心臓に寄生する寄生虫です。
犬から犬へ直接うつるのではなく、蚊がフィラリアの子虫を運び、吸血の際に感染します。

■ フィラリア症になると
やがては苦しい症状の後に命を奪われる怖い病気です。

Q.フィラリア症の予防法は?

フィラリア症の予防は月1回の飲み薬やつけ薬でできます。きちんと予防すればほぼ100%予防することできる感染症です。
ただし、予防薬を1回飲ませただけでは予防にはならず、蚊が活発な時期である5月から12月の間、毎月の投薬が必要です。 蚊が少なくなるとつい忘れがちですが、最終月までしっかり飲まないと、感染の可能性が残ってしまいます。
また、毎年春に予防薬を飲み始める前に血液検査でフィラリアに感染していないことを確認してからでないと投薬できません。

Q.猫は予防しなくてもいいよね?

そんなことありません!
猫も蚊に吸血される際に感染します。
犬と症状が異なり、猫の体内では子虫が成虫になれず肺で死滅することで急性炎症が起こり、発咳・呼吸困難に陥ります。これを犬糸状虫随伴呼吸器疾患といいます。
また猫の体内ではフィラリアが成虫になることは多くないですが、成虫になるとさらに強い炎症が起こり、突然死の原因になります。
猫のフィラリア症は診断・治療が難しいですが、犬と同様、月1回の投薬でほぼ100%予防できます。飲み薬の他、つけ薬もありますので、ご相談下さい。

費用はひと月およそ1500〜2000円です。
その他、疑問や心配なことがありましたら
お気軽にご相談ください。
(C)Aihara Animal Hospital.