よくある質問

  • ホーム
  • 病院概要・アクセス
  • CTスキャン設備
  • スタッフ紹介
  • よくある質問
  • お知らせ
  • ワンちゃんのワクチン
  • ネコちゃんのワクチン
  • 去勢手術 避妊手術
  • 歯石除去
  • フィラリア症予防
ワンちゃんのワクチン

ワンちゃんのワクチンって?

ワンちゃんのワクチンには
@狂犬病予防法により年に1回の接種が義務付けられている狂犬病ワクチン
A任意で受ける混合ワクチン
があります。

狂犬病ワクチンについて

狂犬病ってどんな病気?

狂犬病はとても恐ろしい病気です!
狂犬病は有効な治療法がなく、いったん発症すると人もワンちゃんも悲惨な神経症状を示してほぼ100%死亡する極めて危険なウイルス性の人獣共通感染症です。
世界では150以上の国と地域で発生しており、アジア・アフリカ地域を中心に毎年約6万人が死亡しています。
日本でも1950年代までは、多くの犬が狂犬病にかかり、犬にかまれた人も狂犬病で死亡していました。
このため、狂犬病予防法が制定され、同法に基づいて犬の登録義務、毎年の狂犬病予防接種義務および野犬の捕獲等の対策が徹底された結果、国内発生が抑えられるようになりました。
狂犬病にかかっている犬

狂犬病なんて今はかからないのでは?

そんなことはありません!
狂犬病は現在日本やイギリスなど数ヶ国を除いて全世界で発症しています。
日本では狂犬病ワクチン接種が法律により義務付けられ、対策が徹底されたおかげで1957年に清浄化することができました。しかし現在、接種率が年々減少傾向にあります。
実はこれはとっても危険なことです!
近年、狂犬病ウイルスが国内に侵入する危険性が指摘されています。
ワクチン接種をしっかり行っていれば、万一狂犬病ウイルスが侵入してきても未然に防ぐことができますが、このまま接種率が減少していけば国内で狂犬病が発生した場合、社会は極めて危険な状態に陥ります。

年度別犬登録及び接種頭数の推移
狂犬病は愛犬だけでなく飼い主様ご自身、さらにはご家族や周りの方にも危険が及ぶので、
狂犬病のワクチン接種は毎年行いましょう!

狂犬病のワクチン接種はいつすればいいの?

  • 【1】生まれて初めての注射……生後90日を過ぎた日から30日以内
  • 【2】翌年度以降の注射…………毎年4月1日から6月30日の間
すでに登録されている方は市町村区よりハガキが届くのでチェックしてくださいね!

混合ワクチンについて

混合ワクチンは必要なの?

混合ワクチンで予防できる伝染病というのは、時々流行し、死亡率の高い病気もありますので、ワンちゃんたちには事前に接種をすることで、抵抗力をつけてあげることが重要です。
1年に1回の接種をお願いします。

混合ワクチンは何種類あるの?

当院で取り扱っている混合ワクチンは、6種混合ワクチンと8種混合ワクチンの2種類です。

どんな病気を予防するの?

1、犬ジステンパーウイルス感染症
高熱を出し、ケイレンなどの神経症状を起こす場合もあります。
死亡率の高い伝染病です。
2、犬パルボウィルス感染症
血混じりの下痢を出し、衰弱してしまう場合もあります。
非常に死亡率の高い伝染病です。
3、犬伝染性肝炎
高熱を出し、嘔吐や下痢もしてしまいます。
時には目が濁ったりします。
4、犬アデノウィルス2型感染症
熱が出て、短く乾いた咳を繰り返します。
他の病気との二次感染を起こすこともあります。
5、犬パラインフルエンザウイルス感染症
熱が出て、水のような鼻水と咳がみられます。
他の病気との二次感染を起こすこともあります。
6、犬コロナウィルス感染症
嘔吐、下痢を繰り返し、脱水してしまうこともあります。
7・8、レプトスピラ感染症
病原体はレプトスピラ菌という細菌で、数種類の型が存在します。
出血や黄疸が見られ、血尿を出すこともあります。
人にも感染する伝染病です。

6種混合ワクチンと8種混合ワクチンの違いは?

6種混合ワクチン 上記1〜6の病気を予防するワクチンが含まれています。
8種混合ワクチン



6種混合ワクチンにレプトスピラ2種類を予防するワクチンを加えたものです。

どっちのワクチンを接種すればいいの?

「お出かけは近所の散歩だけ」という子は、6種混合ワクチンで十分でしょう。
レプトスピラ感染症は、主に山の野ネズミなどから感染します。
山や川などに一緒に行ったりするような子は、8種混合ワクチンを接種しておいた方がいいでしょう。
その他、疑問や心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。

pagetop
スマ-トフォンサイトを表示する